第2回バトルシステム解説-初級者編-
追撃から逃れろ!〜リカバリー〜
T.R.F.2は空中で吹っ飛んでいる相手にも追撃を加える事ができるため、空中コンボを食らうと大ダメージを受けてしまいます。 それを回避するためにもリカバリーをマスターしましょう。
リカバリー/クイックリカバリーは、ジョイスティックを入れる事で復帰する方向を選ぶ事ができます。
普段は、相手と距離を離す後方へのリカバリーが比較的安全ですが、それを相手に読まれるとリカバリー後の落下時に攻撃を受けてしまいます。
状況によって、前方へのリカバリーや、ジョイスティックニュートラル状態でのリカバリーも混ぜていきましょう。
▲クイックリカバリーから…
リカバリーは、ダメージを受けて吹っ飛び始めてから一定時間取る事ができず、 そのリカバリー不能時間に相手の追撃を受けて空中コンボに繋げられてしまう事があります。
そんな時はクイックリカバリーを使ってみましょう。
クイックリカバリーは、リカバリー不能時間が無く、攻撃を受けて吹っ飛びだしてからすぐに体勢を立て直す事ができます。 中でもジョイスティックニュートラルでのクイックリカバリーは、ほぼ真下へ素早く降りる事ができるので、隙の大きな必殺技を受けての吹っ飛び時ならば反撃をする事も可能です。
▲そのまま空中攻撃で反撃!
T.R.F.2より導入されたグラウンドリカバリーは、ダウンから移動しつつ起き上がることができます。
起き上がりのタイミングをずらしたり、相手の後ろに回りこんで起き上がったりする事で、 相手の攻め継続を回避する事ができます。
グラウンドリカバリーはDボタンで行うため、戦闘のリズムが早い時は忘れがちになりますが、他のリカバリー同様、重要な回避手段の一つですので、ぜひマスターしてみて下さい。
▲グラウンドリカバリーで起き攻めを回避しよう